_IGP8743のコピー

先日の3連休、新潟にある孤島に行ってきました!佐渡島よりずっと小さな小さな島、『粟島』です。

56

赤いマーキングをしたのが粟島。車で1時間弱走れば島一周出来るお手頃サイズです。そんな島を、釣り好きを中心に7人・2泊3日で満喫してきました!

 

スポンサードリンク

 

 

島を満喫するために – 酔い止め持参が吉

都内から新潟まで車で飛ばし、車は無料駐車場に置いてフェリーで島に渡りました。

日によって揺れ具合は違いますが、船酔いしやすい方は酔い止めを持って行くことをお勧めします。
車→船の連続は特に辛いものがあります。
IMG_2143

このようになる前に・・・これからの楽しい島旅のためにも、準備は万全に!

 

竿を漬けた瞬間に釣れる海釣り

ぽとん、と釣竿を海に浸けた途端、バタバタバター!!!!!という感じでアジが大量に釣れます。こちらはたたきや、餌釣り用にしました。

IMG_2149
夜釣りも楽しいですね。釣りしながらの花火も!近くに釣り人がいる場合は、魚が逃げちゃうから離れて遊びましょうね〜

IMG_2147

 

名物タコ捕り・運が良ければ手掴みも!※

粟島と言えば、毎年9月の週末に行われる『磯タコ捕りツアー』が有名なようです。
棒を使ってタコを捕まえ、その量を競うイベント。
人口300人程の島に100人程がタコを捕まえに来るのだから、全島お祭り騒ぎでしょうね。

036
写真はデイリーポータルZさんよりお借りしました。2017年の詳細・申込は【こちら】!今年の日程は3回、9/9(土)-9/10(日)、9/23(土)-9/24(日)、9/30(土)-10/1(日)のようですね。私も参加してみたいなぁ

ところで、我らがすけさんは磯育ちの男。

イベントはまだまだ先だけど、島に着いてから虎視眈眈とタコを狙っていたようで、私たちが休憩所でのほほ〜んとしている間に手掴みで捕らえていました!

IMG_2141

後で宿の方に調理してもらい、美味しくいただきました。

※すけさんはタコの扱いに慣れていますが、素人は噛まれるので素手で捕るのはやめましょう^^;

 

船釣りするなら民宿『亀屋』

今回のメインイベントは船釣り。

民宿の中でも、船釣りをするなら私たちが泊まった『亀屋』さんがお勧めです。他の民宿の方にも、「そりゃぁ船釣りするなら亀屋さんが一番よ!」と太鼓判を押されていました。
IMG_2151

朝4時出航、8時頃帰ってきます。クロソイ・イナダを釣って帰ってきました。この時期はマダイも釣れるそうです。

自分ロングスリーパー&船酔いするので乗れませんでした。ただ、海の上と民宿の布団の上、場所は少しばかり違ってもバカンスを満喫出来るのが島旅の醍醐味です。島のゆっくりと流れる時間を、自分のペースでのんびり楽しみましょう^^

ちなみに亀屋さんのある島の西の方は、docomo以外の電波が飛んでいません。

IMG_2145

こんなことしても無駄です、諦めてさっさと遊びましょう。

 

絶対付けるべき!『わっぱ飯』

最終日の朝食は、宿代に+1人千円弱で追加出来るわっぱ飯。こちらはめちゃくちゃオススメです。

_IGP8777

海の前に特別会場が用意されています。なんせ、火を囲ったパフォーマンスなんだから、そりゃもう盛り上がります。

_IGP8767

_IGP8763

こんな料理見たことないぜ!

 

わっぱ飯会場が、バリ風お洒落カフェに大変身!

海辺を散歩していて気になった、粟島らしからぬ小洒落た空間。
朝しか使われないわっぱ飯会場を利用して、粟島出身・都内在住のお姉さんがカフェを開いていました。

_IGP8898

 

IMG_2136

我が家のリビングのごとくゴロゴロしまくる2人。

こちらのお姉さんは、粟島伝統の道具を使って、バッグなどを作っている作家さんでした。→お店のHPは<こちら>

帰省中の夏の間だけ、こちらでコーヒー類を出したりワークショップをされています。美味しいコーヒーを求めて島中を巡っていた仲間も大満足!

 

あの広告的な写真が撮れる、ぶらり島歩き

小さな島なので、自転車や徒歩で一周もお勧め。私たちは車で一周する間に、ちょくちょく展望台などを目的地に寄り道しました。

眠気まなこでぽけーっとしていると「あの広告っぽい!」と言って、シャッターを押すすけさん。

_IGP8719

分かりますか・・・?正解は、無印○品さんです。

島の道は狭くて車もたまに通るので、通行の際は気をつけてください。この時期だからかハチも多かったので、そちらにもご注意を。

 

島人お勧めの食事処

番頭さんのお勧めは、フェリー乗り場の対面にある『カフェ そそど』さん。カレーや冷麺など定番食にアレンジを加えた今風のお店です。

IMG_2138
IMG_2139

IMG_2140

Iターン組の若い夫婦と赤ちゃんの3人で営業しているそうです。この日は山村留学をしている中学生がお手伝いしていました。オーダーを聞いていると、コロッケが一押しの様子。

 

島の方々の人柄

毎年島旅をしている面々ですが、口々に語るのは島の方々の人柄の良さ。地元の方々と観光客との壁があまり無い感じがしました。道に腰掛けたおばあちゃんに話しかけると、ご近所さん同士のように自然なおしゃべりが始まります。

_IGP8848

若者が島外に流出している一方で、そそどさんのようなIターン組や、島に嫁ぐ方々、農村留学をしている子供達、地元に帰省して島を盛り上げる活動をしている方々がいます。ポジティブマインドの方が多い魅力的な島で、近年の移住ブームに乗っかってまた人口も盛り返すんじゃないかと期待しています。
すけ_ほげ〜
最後まで読んでくれてありがとう!