しまなみ海道1_向島・因島アイキャッチ-01

「しまなみ海道は自転車乗りの聖地」

そう聞いていたものの、地図を上から見ただけでは、同じ様な大小の島が同じ様な橋で繋がっていて・・ただ走破するだけなの?走る前はそう思っていたのですが、実際に行ってみると各島の特徴が見えてきて、とても充実した旅になりました。

この記事では、広島県・尾道側の2つの島(向島・因島)の魅力をお伝えします。

 

スポンサードリンク

 

しまなみ海道の島々の魅力1_向島・因島

 

向島

尾道からひとつ目の島が、向島です。

 

特徴 – 渡し船

 

尾道から向島に渡るには、渡船を利用します。他の島々を結ぶのは橋なので、ここがユニーク。
尾道大橋という橋を渡って行くことも出来るのですが、交通量も多く路側帯も狭く危険なため、この渡船を使うのがスマート。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こちらは渡船のりば(尾道側)。船から降りてくる人々が全員降りたら、私たちも自転車を載せて向島に向かいます。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2-3分の航海なので、船の上はこのようなフリースペースになっています。自転車を適当なところに置き、船頭さんが来たら料金(大人100円/自転車10円)を渡しましょう。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

船から尾道を振り返ると、山の上に尾道城が見えます。尾道での写真は別の記事にまとめてあります。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

向こうに見えるのは向島の船着場。船着場の前には何台かタクシーが停まっていました。

 

観光1 – 立花テキスタイル研究所

 

しまなみ海道のサイクリングロードから少しだけ離れた立花テキスタイル研究所では、とても尾道らしい、地元素材で染めた帆布製のお土産が買えます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こちらの記事で詳しく紹介しています。

 

 

観光2 – チョコレート工場

choco_img2choco_img1

引用元: ウシオショコラトルHPより

Bean to bar、カカオ豆の仕入れから製造まで自社で行うチョコレート工場もあります。こちらに併設されたカフェで、チョコレートやチョコレートを使ったドリンクもいただけます。

 

食事 – リゾート感満載の立花食堂

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

立花食堂_テラス

立花食堂_海鮮丼

ランチは、橋の近くにある立花食堂がオススメ。
リゾート感がすごい。おとなりのセレクトショップ”life:style”と合わせて、とっても素敵な空間です。

 

 

景色

向島漁港

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

しまなみ海道はどの島もそうですが、海が綺麗で透き通っているので、魚がたくさん飛び跳ねるのが見えます。船着場付近の町の中は尾道側とそれほど変わらない家の密集度。南に行くにつれて建物が少なくなります。海沿いに出ると、すぐ近くに他の島の山々がたくさん見えます。

 

橋 – 因島大橋

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

尾道からの旅で最初に渡る橋、因島大橋。
たもとには因島大橋記念公園があり、ひと休みできます。橋を下から見上げるとすごい迫力です。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

気軽にふもとから撮影出来る橋は少ないので、愛車と記念撮影をするのも面白いと思います。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

因島大橋の中

この橋では、車道の下に設けられた金網の中の空間を走ります。少し金網が邪魔ですが、海の上を空中散歩しているみたい。歩行者もいるし、すぐ横をバイクも走るので気をつけて下さいね。

 

向島のまとめ

 

向島は広島の一大観光地・尾道からすぐとあって、自然以外にもカフェなどのお洒落な観光スポットが豊富。チョコレート工場・染色工房、リゾートのようなカフェまで、小規模ながら魅力的なスポットを転々と巡るのが楽しい島です。

景色としては、尾道や因島が近いこともあって、海を挟んだすぐ向こうに島がある近景を楽しめます。

 

因島

尾道側の2つ目の島が因島です。

 

観光1 – はっさく屋

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

因島ではずせないのが、しまなみ海道の代名詞とも呼ばれている、はっさく屋のはっさく大福。因島大橋を降りてすぐにあります。
この旅の間中虜となったはっさく大福、是非ご賞味を・・

 

 

景色

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

内陸ルートはゆったりとした田舎の光景の中をのんびり走れます。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

海沿いのルートは工業地帯で、造船所を見たい人にはオススメ。写真は海のルートと内陸ルートが合流した辺り。向こうに造船所が見えます。海の向こうの景色は向島に似ているけれど、少しスケールが大きくなってきました。

 

橋 – 生口橋

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2つ目に通る橋、生口橋。こちらは車道とガードレールで隔てられた歩行者・自転車専用の道を走ります。

 

因島のまとめ

 

因島で有名なのは、尾道からの観光客が足を伸ばしやすい北側にある「はっさく屋」。他にも自転車用コースを外れれば、自転車のお祓いができる大山神社といったスポットがあります。ただ、しまなみ全島を楽しみたければ、最初にはっさく屋に寄った後はただのんびりサイクリングを楽しんで通り過ぎるのが良いかな、と個人的には思います。ヒルクライムが好きならば、天狗山・白滝山を登ってもいいですね。

 

 

航空動画で想像を膨らまそう!

こちらは私たちが尾道から因島までで通ったルートの立体動画です(最後の方に生口島も入っています)。こちらの動画でサイクリングをする際のイメージが少し具体的になると思います。航空動画で見ると山勝ちな島々ですが、自転車用のルートはほとんど平坦になっていることが分かります。

 

おわりに

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

しまなみ海道の旅のイメージが、少し具体的になってきたでしょうか?

今回の尾道側の島々と比べてみると、この後通っていく今治側の島々はより山深く、視界がとても開けた美しい海と島の景色を見ることができます。尾道側から今治側へ段々とグラデーションの様に変わっていく景色を楽しめるのもしまなみ海道の魅力だと思います。後日、今治までの島々の魅力も記事にしますね。

 

▼こちらのガイドブックを見て観光しました☺︎
写真が綺麗・装丁も分かりやすくて可愛いくてオススメです!

 

次に読むのにオススメの記事

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

6月中に今回の続きの記事をアップする予定です。
待ちきれない方、良かったら自転車の楽しみ方を色々紹介している記事をご覧ください^^

 

冬_すけ2

 

今日も読んでくれてありがとう!