ワークショップを開催している中で、毎シーズンの楽しみでもあり悩みでもあるのが告知用の見出し写真です。私自身、季節のアイテムを集めてあれこれ考えるのは大好きなんですが、実際に写真に撮ってみると「あれ、イマイチ・・」という悲しい事態に陥ります。

そんな私もどうにか先日冬用の写真撮影が終わったので、今期のディスプレイの記録を簡単に残しておくことにしました。ワークショップに限らず雑貨の販売をしている作家さんなど、今後同じように商品紹介写真に悩んでいる方のヒントになればいいなぁと思います。

 

 

今回撮った写真で伝えたいこと

 

商品の色や形

 

多くの場合、商品を手に取ってもらうのが目的なので、色や形が分かるように撮るのは当然ではありますが・・伝えたいことが複数あると、こういう肝心なことをポロっと忘れたりします^^;

 

色や形のバリエーションがたくさんあること

 

今回撮ったアイテムのコンセプトは、たくさんの色(種類)や形のパーツを組み合わせて自分にしか作れないアイテムを作る、というもの。できれば「こんなに自由度が高いんだ!」と思ってもらえる工夫が欲しいところ・・

 

ほっこりとした世界観

 

世界観、と言うとなんだか大袈裟ですが・・商品の良さを殺さない装飾にしたいところです。

 

 

ディスプレイのテーマ

 

秋との差をつける

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

秋の写真は紅葉した落ち葉など深い色のアイテムを使い、コントラストが高い写真にしました。冬は秋との差を出すために、雪を彷彿させる白を基調とした写真にすることにしました。

同じアイテムを長い間販売する場合、見慣れると写真をスルーされてしまうことが増えます。それを防ぐために、見る人の気分を刷新するような構図や背景にすると楽しんでもらえるし、目につくチャンスが増えると思います。特に季節を先取りした写真を見るとワクワクしますよね^^

 

 

材料

 

調達先は、東急ハンズと造花屋さん

 

材料は東急ハンズ渋谷店と、浅草橋の造花屋さん(関正マスヤさん)で調達しました。結果的にハンズで全て揃えられたのですが、関正マスヤさんは可愛い造花が溢れているので、春先のディスプレイの想像を膨らませるためにもとりあえず行ってみるのがお勧めです!

 

購入したのは5点

 

白い木

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

白いアイテムということで、背景のアクセントとして白い木を使うことにしました。アイテムによっては木に吊り下げたりしても可愛いですよね。

 

古材・白ペンキ・はけ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ハンズの木材売り場に置いてあった1枚300円の古材を2枚入手。このままでは木の白さを活かしきれないので、白いペンキを買って塗ることにしました。

 

木の実のクリスマスブーケ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ちょっとしたアクセントが必要な時に冬っぽい木の実を使おうと思い、100円程のクリスマスブーケを買いました。葉っぱは造花感満載なので、松ぼっくりと赤い木の実だけ切って使いました。

 

古材を塗装

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

白く塗った木材が風化した様な風合い(もしくは古い家に雪が積もったイメージ?)にしたかったので、塗装は良い意味で適当に。乾いたハケで所々まだらに塗り、後からハケに水を含ませて所々ペンキを薄く伸ばしました。

 

 

ディスプレイ

 

立体感を出したディスプレイ

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

まずはアイテムを立て、白い木が背景になるような形で斜め上から撮影。右手前に空間が出来て落ち着かなかったので、松ぼっくりと木の実を置きました。カメラの技術が無くて真ん中の時計にしかピントを合わせられませんでしたが、すっきりした画になりました。

 

平面的なディスプレイ

 

アイテムを丸めて並べたもの

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

丸めた状態のアイテムを並べて、白い木を折って額縁っぽく配置しました。ちょっとすっきりしすぎている感はあります。どことなく和風な感じがするので、お正月用に良いかも?

 

パーツを散りばめたもの

「パーツを組み合わせて作る」ので、組み立て前のパーツを散りばめました。メインのアイテムがちょっと目立ちにくいです。賑やかなのでクリスマス限定の場合、良さそうな気がします。

 

アイテムを伸ばして置いたもの

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

パーツはどけて、アイテムを伸ばして置きました。この位のボリューム感がちょうど良いかな、と思ったのでこちらを今季の写真にすることにしました。もう少し時計の配置にバラバラ感を出した方が良かった気はします。

 

失敗例

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

最初のワンショット。色々ひどいです(笑)
木がごちゃごちゃしているのを省いても、ごちゃごちゃ感が止まりません。商品が単純な形でない場合、形を揃えたり同じ平面に揃えて置いたりしないとごちゃっとします。

 

 

おわりに

夏・秋・冬と撮影をしてみて色々と気付いたことがあったので、素人ながら記事にしてみました。

その中で、一番ダメかも・・と思ったのが、先にデコレーションをして後から商品を置くという順番。それだと商品に目が行きづらくなったり、ごちゃごちゃしがちです。そうならないために、先に商品を置く大体の位置を決めてから、デコレーションでバランスを取っていくのが良いんじゃないかなぁと思います。

まだまだ拙い写真なので、今後も勉強しながら撮っていきたいと思います^^他の作家さんの写真撮影のコツも伺ってみたいので、こんな風に撮ってるよ!というのがある方、良かったら是非教えてください!

 

スクリーンショット 2017-09-01 13.12.12

 

そろそろすけも落ち葉を冬のアイテムに取り替えたいなぁ・・
今日も読んでくれてありがとう!