(こちら)の続きで、今日は縫い穴を空ける道具をご紹介。


革に縫い穴を空ける

中編見出し

アンドレザー店員


まず、穴を空ける前にガイドラインを入れます。




たむ_笑顔


例のチャコペンの代わりですね。




アンドレザー店員


こういう便利な道具があるんですよ。


写真 2016-05-22 11 40 15

アンドレザー店員


どちらも布の端から均等の幅でラインが引けるんですよ。




すけ_真顔



漫画家が使う線引きのような機能ですね。



アンドレザー店員


右側の”ネジ捻”は、ガイドラインとして細い線が引けます。




ネジ捻


アンドレザー店員


一方で、左の”ステッチンググルーバー”は、

太い溝が引けます。すると。。

ステッチンググルーバー

たむ_笑顔


溝に糸が入る!




すけ_つまり



これは高級感が出るね。



アンドレザー店員


で、縫い穴を空ける道具はこちらです。



IMG_1537

すけ_ほげ〜



これぞ革職人って道具だ~



アンドレザー店員


”菱目打ち”って言います。

穴を空けるトゲトゲの部分の数は何種類かあります。

写真 2016-05-22 11 44 42

アンドレザー店員


2本の物は、カーブなど細かい部分の穴を空ける道具。

4本と6本の物は直線用です。

たむ_キラーン

なるほど!
直線は6本の方がサクサクっと
短時間で穴が空けられるわけですね♪


アンドレザー店員

で、穴を空けるその前に、
縫い目の間隔を決めます。

間隔ごとに菱目打ちも違いますからね。

写真 2016-05-22 11 40 28


すけ_真顔

どおりで似たような
菱目打ちがたくさん並んでるわけだ。

間隔違いなのね。

たむ_うへへ


私はざっくりしたのが好きだから、5mm巾かな。

6mm巾だと小さいものには合わなそうだし。

すけ_真顔

とりあえずトゲトゲの数は
4本のと6本のはどっちかでいいよね。

アンドレザー店員


それと、菱目打ちを叩くための木槌と、
下に敷くゴムやビニールのマットが必要です。



木槌とマット

たむ_つまらん


うちにあるトンカチでいけそう。
しかし、木槌結構重たいねー



すけ_真顔


マットはとりあえず、
紙を切る時の工作マットでやってみよう!



という感じで、あくまで必要最低限にとどめようとする2人。

縫い穴を空ける道具はここまでです!

次回は縫う道具。
【追記】続き更新しました!→こちら


すけ_ほげ〜


読んでくれてありがとね~^^



今日ご紹介した道具