IMG_0511 (1)

去年引っ越してきた家は古い木造の家。
「これはドライフラワーが合いそう…!」
そう思いつつも引越しのバタバタで日が過ぎ、お花のことは忘れかけていました。

ある日の買い物帰り。いつも通り過ぎるお花屋さんをちらっと横目に見ると、天井にぎっしりとドライフラワーが吊り下げられています。その時あの引越し当初の気持ちを思い出して、中に入ってみることにしました。

 

スポンサードリンク

 

初めてのドライフラワー

ドライフラワーを買うのは初めてだったので、店員さんにドライフラワーにしやすいお花を伺うと、「あれとかこれとか…」と指を差してたくさん教えてくれました。

その中から購入したのは2種類。バンクシャーとぺニセタムです。

 

バンクシャー

バンクシャー

既にドライフラワーになっているような見た目ですが、買った時は生花でした。

バンクシャーと言っても色んな種類がある様で、バンクシャーのドライフラワーというと、もう少しもこもこのボリュームのあるお花が代表的みたいですね。

 

バンクシャー3ヶ月後

こちらは3ヶ月ほど吊り下げておいた後。乾燥して花が開いてきて、色味も少し薄くなりました。

 

ぺニセタム

ペニゼタム

ペニセタムは既にドライフラワーになっているものを買いました。

お店から家に運ぶ途中や、家で束ねているうちに穂が結構抜けましたが、吊り下げてからはあまり抜け落ちていないようです。

 

適当に束ねて吊るしています

束ねてみた

ドライフラワー

店員さん曰く、ただ吊り下げておくだけで段々と乾燥してきて、半年くらいもつそうです。

そんなわけで、家では適当に束ねて飾っています。

家で紙ゴミを縛るために使っている麻紐で花束をぐるぐる縛って、一箇所輪を作って、そこを画鋲に引っ掛けています。

よくお洒落なおうちの写真で見るような、紐を水平に張って、そこにたくさんのドライフラワーを並べていくのも憧れます・・吊るすだけで良いようなので、見よう見まねで色々飾ってみたいものです。

 

おわりに

バンクシャーとぺニセタムという素敵なお花に出逢えたことで、少量でも存在感のあるドライフラワーが出来ました。
次はシンプルなリースを作って隣に飾ろうかなと思います。

スクリーンショット 2017-09-01 13.12.12

 

今日も読んでくれてありがとう!