バレットジャーナルにリングノートを使って良かった点・使いづらい点.jpg

お久しぶりです、たむです^^

前回の記事にも書いたのですが、自作手帳4冊目はA5のリングノートを使うことにしました。このノートでも、基本のバレットジャーナルを少しだけアレンジして使っています。

 

今日は、3ヶ月使ってみて感じた、リングノートの良い点・使いづらい点をお話ししようと思います。

※ 基本的に、比較対象は今まで使っていた、同じサイズ(A5)の糸綴じノートになります。

 

 

バレットジャーナルに、リングノートを使った理由

ノート比較1

今までの3冊は、一般的な糸綴じのノートを使っていました。「LIFEノーブルノート A5方眼」です。

そのノートをバレットジャーナル方式で使っていて、不便だと感じた主な点は以下の3つです。

☑️ タスクリストとして机に広げて置いておく時に邪魔

☑️ カスタムコレクションがあっちこっちに行くので探しづらい

☑️ 必要なカスタムコレクションを次のノートにも書き写すのは面倒

 

ひとつ目は、リングノート単体で実現出来ます。
(他の2つは普通のリングノートだけでは出来ないので、併せて”リングリーフ”というアイテムを使ってみました…が…別記事参照)

 

リングノートの良かった点

 

邪魔にならない

机の上に省スペースで開いて置ける

ノート比較2

同じA5の糸綴じノートの半分のスペースで、必要なページを開いたまま置いておくことができます。
TODOリストとして作業中も手帳を開いておきたかったので、とても便利になりました。

 

立てて置ける

立てかけれる

壁や本棚に立てかけて置くことができるのも良かったこと。糸綴じノートはページが見えるように開いて立てかけてもすぐ閉じてしまいますが、リングノートなら形状記憶(って言うのかな?)が出来るので大丈夫◎

そのまま机に置くより、更に省スペースに^^v

 

自立する

思いの外便利だったのが、開いたまま自立すること
150ページ前後のリングノートになると、表紙が厚紙になっているものが多いので、少しくの字に開いておくと自立したりします。

カフェなどの小さな机で空きスペースがない時も、立てれば置けることがあり、便利でした。

 

移動中に書き込める

これも、完全に目的のページで折り畳めるのと、表紙が厚紙のおかげでボートのようになって書きやすい^^

 

ノートによっては、ペンをリングに挟める

今回私が使ったリングノートは、たまたまですが、普段から使っているペンを挟めました。

バレットジャーナルの良い所の1つは、「ノートとペン1本で完結」する所。今までは持ち運び用にノートごと入るケースを使っていたのですが、今回のノートはケースに入れる必要がありませんでした。

黒ペン一本だと寂しいので、カラーペンで色をつけることもありますが、そういう装飾的な作業は家でやっています

 

ノートによっては、ゴムバンドが付いていて持ち運びやすい

以前の糸綴じノートでは、カバンに入れる時にページが折れてクシャッとなったことがあり、やはりノート用のケースに入れていました。

厚めのリングノートは、閉じた時にノートが開かないよう、ゴムバンドが付いているものが多いですよね。
私が今回使ったノートにも付いていました。

ノート単体で持ち運びできるのは、やっぱり便利です。

 

 

 

リングノートの使いづらい点

 

書く時にリングが邪魔

糸綴じノートに慣れていると、書く時にリングが邪魔で煩わしいです。リング外径が17mm程の私のノートだと、書いているうちに少し慣れましたが・・

対策

対策として、リングと紙との段差ができないよう
① 書き込むページを表にして、ノートを折り畳んで書く
② (右利きの場合)左のページ数が少なくなって段差が大きくなった方の下に、かさ増しするための本などを敷く(左利きだと逆)
などの工夫をしている方が多いようです。

本を左下のページに挟んだイメージ
②の、本を左側のノートの下に敷いたイメージ

 

また、リング径が小さい方が邪魔になりにくいと思います。最近はリング部分がゴム素材になっているタイプや、手にあまり干渉しないように、部分的にリングが付いているノートも見かけますね。

 

スポンサードリンク

 

リングノートと”リングリーフ”の組み合わせ

ここまでリングノートの良い点・使いづらい点を紹介してきましたが、併せて”リングリーフ”というアイテムも使ってみました

リングリーフ

リングリーフというのは、カンミ堂が出している、付箋タイプのシールです。これを普通のコピー用紙などの縁に貼り付けることで、リング用紙としてノートに挟むことができます

“リングリーフ”を使った感想は、こちらの記事に書きました。

 

リングリーフは、「ガントチャートなどのフォーマットを用紙に印刷して使いたい」という方にオススメです。

 

 

結論

 

バレットジャーナルにリングノートを使うと、とっても便利!

糸綴じノートから移行する場合、「書く時にリングが気にならないか」をチェック

+”リングリーフ”で、フォーマットを印刷した紙などを数枚挟めて便利!

 

 

おまけ

 

リングノート「プラススタンド」のレビュー

プラススタンド

今回使ったリングノート、「プラススタンド」のA5ドットについても少しレビューしておこうと思います。

名前の通り、リングノートに自立する機能を付けたもの。ノートをとじるゴムが、卓上カレンダーの様にノートを自立させる役目も持っています。

表紙の見た目と薄いゴールドのリング、「ミドリMDノート」という紙質に拘ったートと同じ紙を使っている…という所に惹かれて購入しました。

 

良かった所

書き味はノーブルノートより少しカリカリした感じですが、コピー用紙などより滑らかで書き心地が良いです。個人的にはノーブルノートの書き心地が好きですが、少し飽きていたので良い気分転換になりました^^紙の色も、ノーブルノートより少し薄いほんのりクリーム色で、目に優しいです。

それに、リングに丁度私の使っているペン(ユニボールSigno)を挟めたのがすごく便利でした。(最初は結構無理やり押し込んだ感じですが、だんだん馴染みました。)

 

 

バレットジャーナルに向かない所

ただ、このノートはバレットジャーナルに向かない点が多いと思います。

プラススタンド

まず、コンセプトの「横に立つ」というのは、反対のページの文字が逆さになってしまうので、奇数ページか偶数ページにしか使えません。バレットジャーナルとして使うなら、コンセプトを無視して使うのが良いと思います。

 

あとは、青いクロスのガイド。これが目立って、文字や記号が見づらいです。ラピッドロギングの要は見やすい記号にあるので、機能性を求める方にはオススメできません。

プラススタンド_ノート拡大

ガイドが3mm間隔というのも、ラピッドロギングには使いづらかったです。3mmだと間隔が小さすぎるので2マス(6mm)に一文字で使っているのですが、マス目を数えるのは、時間がない時はストレスでした。

なんだか否定的なレビューになってしまいましたが…基本のバレットジャーナルとして使いづらいだけで、例えば図やイラスト多めのノートやメモ帳には良いと思います。

 

 

次のノートの候補

という訳で、次のノートはカスタムコレクションを独立しやすいものにする予定です。

私の場合、既にノートの後ろの方は落書き帳として使っているので、糸綴じノートや普通のリングノートでは、カスタムコレクションを独立できません。
なので、システム手帳を使ってブロックを3つに分けることを考えています。

  1. カスタムコレクション以外のBuJoページ
  2. カスタムコレクション
  3. 落書き帳
    (マインドマップでアイディア出しetc.)

のような感じで。

こちらのバインダーが欲しいけど、高いからレザークラフトで手作りしようかな・・

 

おわりに

・・ただその前に、最近仕事のタスクや進行管理をiPadのアプリに移行していっているので、バレットジャーナル用ノートの位置付けにちょっと悩んでいます。

次回以降は、デジタルへ移行した部分や、デジタルと紙のバレットジャーナルとの役割分担などを紹介していけたらと思います。

 

icon_flower

 

今日も読んでくれてありがとう!

 

 

 

スポンサードリンク