人に嫌われても生きていける自信がついたお話

最近、「人に嫌われても、楽しく生きていけるな」という自信がついてきました。

人に嫌われることを厭わない自信がつくというのは、素の自分を認められるということ。そうなると、とても生きやすく、どんな時でも生きているだけで幸せだと思えるようになりました。まず、「素の自分を認める」ことが、人生が好転するスタートラインなんだと思います。

今日はまず、「人に嫌われても大丈夫」と考えられるようになれるまでの過程をお話ししたいなと思います。
今、辛いと感じている方の参考になると幸いです。

 

▶︎ 音声で聞く

音声の目次

00:00- 【今日のテーマ】「人に嫌われるのが怖い」を克服するまで
00:30-  素が出せない、とその原因
02:10- 【解決策】自分自身を好きになる
02:40- 【対策1】まず自分自身と向き合う
06:09- 【対策2】少しずつ外部に触れていく
07:05- 【変わったこと・気付いたこと】
08:30- 【対策まとめ】

 

▶︎ 記事で読む

※ この記事は、音声配信データを文字起こししたものです

 

人に嫌われるのが怖かった

 

中身がバレるのが怖くて”素が出せない”

私は結構昔から第一印象で、優しそうとかおとなしそう・真面目そうと言う印象をよく抱かれるんですけど、そうなると相手のその印象を崩してがっかりされたり嫌われたりしないために、「その印象に違わないように振舞わなきゃ」って思って、自分を騙し騙し振る舞っていたんですけど、それだとすごく生きるのが辛いと言うか、しんどいなーって。

本来の自分は、結構毒舌で自由奔放なので、夫によく言われるんですけど…「180度違うよね」って。「みんな騙されてるよね」って言われるんですけど。

 

素が出せないと、とても生きづらい

そういう本来の自分と違う生き方をしていると、苦しいっていうのに。そのせいで、色々パニック障害だったり鬱や不眠症が引き起こされてるな、と思って。それで、何とかこれを解決しなきゃと思って、色々やってきました。

 

朝日

 

自分を好きになるのが大切

素の自分を出せるようになるまでに一番大切なことって、「自分で自分を好きになること・自分の心の中だけで遊べるようになる・自分で自分の機嫌を取れるようになる」ということ。これは素を出すに限らず、多分、生きやすくなる一番の方法だと思います。

 

私が、自分自身を好きになるまでの話

SNSやしんどくなる付き合いを一旦やめる

そのためにしたのは、まず、SNSを結構やりこんでいた…SNSの人間関係を崩さないように、という風に思って、ちょっと辛くなっていたので、1年ちょっと(やめたわけじゃないんですけど)、ほぼ数ヶ月に一回だけしか見ないようにしたり。とりあえずアプリは捨ててしまって、ログアウトして、見ないようにしていました。

 

外部の情報が入らないようにする

その間、日記をつけたり手帳をつけたりするのが好きなので、アウトプットは自分の手帳にしていました。若干SNSの依存症状があったので、携帯電話を見ると、つい気になってしまうので、携帯電話はなるべく電源を切ったり。夜とか、6時以降は電源を切るとか、なるべく使わないような生活を心がけていました。

 

水彩イラスト
デッサンや水彩画を始めたのも、自分と向き合う良い機会でした

 

自然の中で過ごす

もう一つすごく効果があったのが、自然の中で遊ぶことだと思います。

私は偶然というか…必然だったのかな…2年ちょっと前に自然の多い場所に引っ越してきて、それで、自然から色々なものを受けて。海がすごく近いんですけど、海の波の音だったり、ものすごく空が広くて開けた環境だったり、家のすぐ裏が山で、ハイキングコースになっていて、そこを駆け回ったり。鳥のさえずりだったり、サギさんとかコサギさんとか、カワセミだったりとかが近くの川でよく見られるし、カメさんも鴨さんも、クロダイとか鯉とか色々泳いでいて…

そういう環境で、人のこと…人っていうか他の動物のこと(食べられないようにっていうのあるんですけど)は気にせず、自分の素のままに生きている動物たちと植物たちを見ていて、すごく素のままに生きるヒントをもらえたなって思っています。

やっぱり、うつ病とかになった他の友人達も(例えばデザイン会社とかで徹夜続きだった環境で、鬱になって、その後、ちょっと落ち着いてから、自然の多い田舎のカフェとか飲食店にアルバイトに行ったりとか。そういう人が多いんですけども、やっぱり自然の力は偉大だなって思います。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

自信が付いてきたら、SNSや人前でたまに本心を呟いてみる

段々自分の心の中で遊べるようになったら、少しSNS というか、Twitterだったり、この配信を始めたりして、人前っていうか、大勢の人が見るようなところにも出れるようになってきました

と言っても、本当に少しずつで、本当に自分が「きっとこうだ」とか、すごく心がいっぱいになって、「心が叫びたがってる」みたいな状況になった時だけ、パッと、たまに呟くという感じで。本心で、「いつでも自分はこう思う」っていうようなことだけを、とりあえずたまに発信したりしていました。
「あ、私今、他の人の目を気にしているな」と感じたら、すぐに引っ込む、というのがコツだと思います。

 

2020年大晦日の逗子海岸

 

世界の見え方が変わった

 

人はそんなに自分のこと気にしていない

自分がどんな人と合うか分かってきた

そうやって人の目を気にせずに発信できるようになってきて、(結構、意識過剰なところもあったんでしょうね)「あ、なんかそんなに人は期待してないな」とか「ちょっとはっちゃけて言っても、共感してくれる人はいるな」とか、「こういう人たちと自分は話が合うんだろうな、気持ちが近いのかなー」とか、いろんな気づきがあって。

 

はっちゃけて話せるようになった

嫌われる嫌われないはどうでも良くなった

それで最近は、近所に住んでいる夫の友達とかとも結構はっちゃけて話せるようになって。それで、やっぱり人は全然自分に期待してないし、第一印象が真面目そう、大人しそうみたい思われたとしても、(人にもよると思うんですけど、)中身を出しても嫌われないし、そもそも、「嫌われても嫌われなくてもどっちでもいいかな」って思えるようになって。

 

まとめ

やっぱり一番大事なのは、「自分の心の中で一人で遊べるようになること」だと思うので、もしも自分の素が出せなくて苦しんでいる方がいたら、自然の多い環境に…引っ越すまで行かなくても、ちょっと頻繁に行ってみたり、一旦SNSをやめてみたり、自分一人で遊べる趣味や時間を見つけるとか、アウトプットを手帳とか紙の媒体にしてみて、ちょっと外界からは少し、外の情報から遠ざかる工夫をしてみたりとか、そういったことが効果があるのかなって思います。

今後も、「生きやすくなる考え方」のようなお話をちょくちょくしていきたいな、と思うので、今日はこのあたりで。

 

icon_flower

 

今日も遊びに来てくれてありがとう。

 

 

 

今回の記事(配信)に頂いた感想

\ 音声配信始めました /

“生きやすくなった考え方”や、日々の日記などをつぶやいています。

記事でも書きましたが、独りで遊ぶのに慣れてきたら、匿名で日記や今の気持ちを配信したり、noteなどのブログに書いていくのもおすすめですよ。

 

 

スポンサードリンク