手帳まわりのお出かけセット_TOP

2018年の8月頃から自作手帳に変えて、最近ちょうど2冊目を使い終えました。
最近は使う文具もレギュラー化してきて、セットで保管や持ち歩きをするようになったので、ここでちょっとご紹介しようと思います。

 

スポンサードリンク

 

方眼ノート手帳

ノーブルノート 自作手帳

自作手帳用のノートは、LIFEのノーブルノートA5方眼を使っています。

200ページあるので手帳兼メモ帳として半年〜1年程使える所や、紙の色(クリーム色)・書き心地・方眼の線の濃さ(濃すぎない所)などが気に入っています。

2冊目は通常盤の赤い表紙を使っていますが、1冊目はピーナッツとのコラボの黄色い表紙のものを使っていました。

 

ポケット付きの手帳ケース

手帳ケース

LIFEからノーブルノートの10周年限定セットが売られているのを去年売り場で見つけて購入しました。
そのセットに付いていたのが、こちらのクリアのポケット付きノートケース。

 

手帳セット

こちらのケースは、ノートを入れる部分と他の物を入れる部分に仕切りがあります。
ノートを取り出しても筆記用具がぐちゃぐちゃになることがないので便利。

ちなみに限定セットにはケースの他に、濃紺のノート(本来こちらがメイン)・下敷き・オリジナルシールが付いてきます。
下敷きは硬い厚紙に表面加工した様なタイプで、たまに下敷きとして、メインはしおり代わりにノートに挟んで使っています。

 

3本のペン

ペン3本

ペンは基本的に、黒ペン・赤ペン・青マーカーの3本を持ち歩いています。

 

黒ペン

黒ペンだけの自作手帳

学生の頃にしっくりきてから10年以上、「ユニボール シグノ 極細 0.38mm」を使っています。

手帳の枠も予定も、ほとんどはこの黒ペンで書いています。

 

赤ペン

仕事の予定

赤ペンは、主に仕事などのミス防止用に使っています。

例えば、仕事の工程表はexcelで作った表を印刷してノートと一緒に持ち歩いているのですが、タスクが終わったものが一目で分かるように、終わったものには赤ペンでバツ印を入れたりしています。

 

青マーカー

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

青マーカー

100均で購入したパステルブルーのマーカーは、睡眠記録などのグラフの記録に使ったり、ぐちゃぐちゃに書いたメモの中で目立たせたい部分に使ったりしています。

あとは、外出時に読んでいる本に線を引く時に使ったりも。

 

 

その他の文具:修正テープと定規

その他文具

定規は手帳のフォーマットを書く時にほぼ必ず使います。
確か100均で買ったもので、20cmちょっとあるので、A5ノートの上から下まで一発で線を引けます。

修正テープは小さくて軽い「モノエアー 5mm」。

フォーマットも書く内容もペンで一発書きしているので、手帳セットに修正テープは欠かせません。書き損じや予定の変更などで使います。

修正テープ跡

修正テープの跡

 

ちなみに、自作手帳は際限なく工夫ができるし凝れるので、凝り性の人はマイルールを決めるのが大事だと思っています。
私も時間がある時は文字などに装飾を入れたりするのですが、「下書きはせず一発書き」「これが本番ではなく練習だと思って描く」と決めています。このマイルールのお陰で、手帳に綺麗に描けなくてもストレスがたまらなくなった気がします。

 

おわりに

定番のお出かけセットも出来たので、自作手帳を書いていくのがどんどん楽しくなってきました。ただ、最近使ってみたい市販の手帳を見つけたんです…!なので、しばらく自作手帳はお休みにして、その手帳の使い方を模索しようと思っています。また使い慣れてきたらそちらのレビューもしますね。

 

次に読むのにオススメの記事

バレットジャーナル〜私の方眼ノート手帳

自作手帳を半年ほど使ってみた感想や長所を書いた記事です。「バレットジャーナル」をお手本にした自作手帳は、自分にしっくりくる手帳がなかなか見つからない方に試してほしい方法です。

 

icon_flower

 

今日も読んでくれてありがとう!